高橋ナツコ(ペットケアテイカー)の愛犬LIFE







しつけ・・・高橋ナツコ
トイレのしつけは、犬がわが家にやってきたその日から始めるのが理想的です。

いろいろなところでトイレをするくせがついたあとに、「さあ、ここがトイレだよ」と教えるのは難しいものです。

トイレ場所は決めておいてください。

室内飼いの場合は、あらかじめトイレの場所を決めておくことが大切です。

犬が家に来る前に、トイレの場所を決め、用具もそろえておきましょう。

私たち人間は、なるべく人の目にふれないところにトイレを設置しようとしますが、トイレは犬の健康を知るバロメーターの役目ももっています。

家族が不愉快にならない程度に見えるところのほうが、異常にも気づいてあげられます。

犬がトイレに行きそうな動作を始めたら、おしっこをする前にトイレにつれていきましょう。

トイレ以外のところでおしっこをしたあとにしかるよりも、より効果的です。

子犬は、目が覚めたときや食事の直後にトイレに行きたくなることが多いようです。

また、幼いときは、母犬がなめてやると、その刺激でおしっこをします。

これを利用して、陰部を指先でチョンチョンと刺激してみるのもよいでしょう。

犬は自分のにおいのあるところで次もおしっこをしますから、不運にもほかの場所でおしっこをされた場合、急いでにおいを消す必要があります。

そして、においのついた新聞紙などをトイレのなかに入れておきます。

顔や体がトイレの上にあっても、おしっこやうんちが外に出てしまうことがありますが、トイレが成功したことには違いないので、決して怒らず、ほめてあげよう。

1回教えただけで覚える犬もいますが、2〜3回教えても覚えない犬もなかにはいます。

だからといってイライラするのは禁物です。

犬は飼い主の気持ちに気づき、ベッドの下などに隠れてするようになります。

根気強く教えてください。

高橋ナツコ(ペットケアテイカー)


犬を飼うのが初めての方、必見!


一緒に犬について語りましょう。

カレンダ
2017年4月
           
30            

アーカイブ
2012年 (53)
1月 (3)
2月 (6)
3月 (4)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (6)
11月 (6)
12月 (6)
2013年 (43)
1月 (6)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (4)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (3)
2014年 (32)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (3)
11月 (2)
12月 (3)
2015年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (3)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2016年 (26)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (3)
2017年 (8)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:240
累計:236,216